Astral Consciousness

Visible, invisible
I don’t see sounds. I don’t see tastes, smells neither.

Only through absence, we may be led to awareness of the air.
Even for the body, we forget its existence when we don’t use our
senses.

Things we cannot see, but possibly feel.
Things we can see but don’t see.
Things we cannot see, but might be seen.

Looking for these possibilities.

《見える意識と見えない体》 

見えるもの、見えないもの。
音は見えない。味は見えない。匂いも見えない。

空気は無い事によってのみ、そこに意識が向くだろう。
体でさえも、感覚を使っていないときはその存在を忘れる。

見えないけれど、感じるもの。
見えるけれど、見ないもの。
見えないけれど、見えるかもしれないもの。

その可能性を探す。

share this: