Reserch & Esquisse

From the observation of life forms, I ha
ve reached at a universal law.
Starting with small cells, the assembly of individuals becomes an organization. And each individual always has a role as one of the activities of the organization.

Meanwhile, increasing the size of organization from a person, to a family, to a country, until it reaches the structure of the Earth.
And the Earth becomes one life form inside the Universe.

Even if I move the viewpoint to non-substance, invisible consciousness draws a splendid fractal geometric pattern. It goes from an individual identity to national cultures, and then a worldwide motion.
Within this flux, I focus on us, humans.

I observe numerous opposed and contrasting subjects (i.e light and shadow, inside and outside, mind and body, nature and human beings, etc.) to catch an insight of their movement, effect, reaction and relationships.And it has reached the shape of the hourglass.

Based on material concept from science, and non-material concept from ancient faith and knowledge, I’m interested in the mechanism of energy born from the “flow” and the possibility of harmonization of life forms.

Ordinary life is the place of observation. For men it is an important creation process as materials.

Focusing awareness on ordinary things makes their structures emerge to the surface.
For me, the creative act unfolds as a dialogue with the material, a dialogue with the invisible and a way to untie tangled ropes.
The works are memories of experience, traces of a challenging path.
They exist as a visual language.

《リサーチ 主題と関心について》

生命体の観察から、普遍的な一つの法則にたどり着いた。
小さな細胞にはじまり、個体の集合は組織となる。
個は常に組織の営みの中の一つとして役割を持って活動する。
その規模を家族、国の規模まで大きくしてゆくと、地球の構造までへとたどり着く。

そして地球は宇宙の中のひとつの生命体となる。

それは、視点を非物質へと動かしても、個のアイデンティティー、国の文化、世界の動きから感じられる時代の風潮として、
見えない意識が見事なフラクタル幾何学模様を描く。
この流れの中で、私たち人に焦点を当てる。


無数に存在する向かい合わせの題材(光と影、内と外、心と体、自然と人間など)を対照させながら洞察することにより、
その動き、効果、反応とそれらの関係を観察した。
そしてその形は砂時計へとたどり着いた。

物質的な構想は科学より、非物質的構想は古代の信仰や知識をヒントに,

“流れ”から生まれるエネルギーの仕組みと生命体の調和の可能性に関心を寄せる。
日常の営みこそ観察の場であり、マテリアルとして重要な創作プロセスである。

すでにあるものに意識を注ぐ事により、その構造を表面化させて行く。

私にとって創作は、素材との対話であり、見えないものとの対話であり、絡まった紐を解く作業である。
作品は、経験の記憶となり、挑戦の経路跡を残す。
それらは、視覚的言語として存在している。

share this: